玄米は本当に体に良いか?

無洗米20--2

数年前から玄米が体に良いということで食べ始められた人も多いと思います。

「体の事を考えて玄米にしました♪」

なんていう人も結構増えてきました。もちろんはやかたどっとこめでお米を買ってくださっている方の中にも「玄米派」の人はたくさんいらっしゃいます。

そこで色んな本や情報を調べてゆくうちに、何となく自分の頭の中で理解できたことや、「あぁ、なるほどです」と思った事などをものすごく要約して今回の記事にさせていただきました。

玄米が主食だった時代は今よりもかなり短命でした

大昔、まだ侍さんが居た時代の日本は玄米が当たり前だったそうです。白米を口にできるのはほんの一握りの富裕層だけで、白米を我が子に食べさせたくて盗みに入って捕まってしまい最期を迎える人も決して少なくなかったくらい貴重品でした。

では玄米が主流だった頃の日本人の平均寿命ってどれくらいかというと、織田信長が謳ったように「人間50年」の時代です。一般市民はだいたい40代とも言われています。

 

お米だけが原因ではない

もちろん寿命が劇的に伸びたのは他の食の変化や、サプリメントなどの影響もあります。

でも玄米が主流で、しかも「健康食」とまで言われているものを食べているにしては、あまりにも短い気がします。

「玄米は栄養が豊富で体に良い!」

と言われていますが、玄米食にした人の中には「体重がどんどん減ってゆく」という実例も多く挙げられています。そのため一時期は「ダイエットに良い」と言われたりもしました。これって実は栄養欠乏になってしまってるんじゃないか?って疑ってしまいたくなる気持ちも湧いてきちゃいますよね。では実際の話どうなんでしょう?

 

玄米はやっぱり栄養が豊富な健康食

玄米20

白米に比べて玄米はミネラル(カリウム・ナトリウム・カルシウム・リン・マグネシウム・亜鉛など)成分は約2倍以上含まれていると報告されております。ビタミンも2~5倍多く含まれており、食物繊維は7倍近く白米よりも含まれています。とにかく栄養抜群のスーパー健康食品なのです。ただ誤解してはいけないのは、米そのものに含まれる栄養素自体はそんなに多いわけではないので、「これだけを食べていれば健康になれる」というわけではありません。

でも明らかに白米と比べると多くの栄養素を持っているのは間違いなさそうです。

 

問題は玄米の多すぎる繊維層

こんなに素晴らしい玄米なのにどうして体重が減ってしまったり、体力が低下してしまう人が続出したのかを調べてみますと、どうやらその原因はぶ厚い層に護られているから消化できない事が問題のようです。

先ほど食物繊維が白米と比べて7倍近く多く含まれていると書きましたが、実はこの繊維(セルロース)がぶ厚い層となっていて中の栄養素をガッチリと守ってしまっている事が仇となってしまい、普通の白米と同じように調理をしても白米より優れている栄養素の大半が吸収されないまま体外へと排出されてしまいます。

結果、体重が減ったり体力低下となっていたのではないかとも言われています。

 

もうひとつの問題はミトコンドリアへの攻撃

玄米の中には発芽抑制因子(アブシジン酸)というものが含まれていて、これが人間の細胞にエネルギーを与えている重要な「ミトコンドリア」を攻撃し、傷をつけてしまうのだといいます。これは大問題です!

このミトコンドリアへの攻撃によって低体温症となり免疫力も下がってしまい、さらには体内酵素の働き全体が悪くなってしまうといわれているから、玄米なんて怖くて食べられたもんじゃない!

調べてゆけば調べてゆくほど、もしかして昔の人が長生きできなかった理由の一つはこのアブシジン酸の影響なんじゃないかな?って思い始めてきました。

このアブシジン酸は発芽抑制因子…つまりお米が「今は発芽しちゃいけない時だ!」と思っている時に分泌されるホルモンなんだそうです。

 

要するに…

この事を考えると、つまりあれですよね?

消化しやすくしてアブシジン酸を除去出来て初めて「玄米は健康食」というに値する食物になるような気がします。

 

ではどうすれば健康食に出来るのか…。

 

どうやらその答えは調理法にあるようです。

「玄米は体に良い!」という情報だけを聞いて玄米を食べ始めて体調がおかしくなった人…、もしくは、まだ体調はおかしくないけれどこれから体調がおかしくなるであろう人は、今の調理方法を見直してみてはいかがでしょうか?

 

どうやって炊けばいいの?

ここが一番大切なんですが、ものすごく簡単な事です。

 

玄米を洗って水につけたまま4~6時間放置してから炊く

 

たったコレだけでアブシジン酸はほとんど無くなり芯まで水が入って消化しやすい米に大変身するそうです。でも、この6時間程の時間が取れなくて普通の米と同じように焚いてしまったりしてしまうんですよね。

あと危ないのは、一旦水につけた米をザルなどにあげてまた乾燥させてしまう場合。こうなるとアブシジン酸はむしろ急激に増えてしまっているそうですから逆効果です。

今まで水につける時間を短縮してた人は要注意ですね(^ ^ )

 

健康の事を考えて玄米を食べ始めたけれど、実は「最近体がだるい」とか「元気が出ない」と感じている人は、こんなことが原因なのかもしれません。

 

実は、玄米の事を知らないと怖い

あともうひとつ注意しないといけないのは、玄米というのは田んぼにあった状態に近い状態で口に入れるわけですから、もちろん汚れています。

市場に出回っている農家直販の米の多くは色選機にかけていない米がほとんどですが、かけていたとしても完璧に不純物や籾は撤去できませんし、ましてや表面の汚れはご家庭で対応する必要があります。

そういう意味でも玄米の事を知らずにブームだからという理由で玄米食を始めると不健康になってしまう事もあります。

 

玄米食って魅力的ですけれど、奥が深いですね。

実際に自分で色々な専門家の意見や文献などを漁っていても、文献によって意見は様々で、どれが正解なのかはハッキリとしていませんでした。

私達も毎日食べるお米だから、これからも色々調べてゆきたいと思います(^-^)

コメントを残す